自分に負けるような気がしていたかも。

そもそも、占いなんて気休め!と思い込んでいた自分が恥ずかしくなりました。知らないということは、こういうことかと今は思っています。

事の起こりは一年も前のこと。カミさんが花鳥風月の占いを見てもらって、すごく丁寧に鑑定してもらえるからぼくにも勧めてくれたのです。しかし、占いなんて気休め!と初めっからカミさんの言うことに耳を貸さないまま一年が過ぎました。

そんな時、去年の夏に、あえなく勤務先の会社が倒産して、ハローワークに通いながら心細く過ごしていました。ここで占いをしてもらうことにかなり抵抗がありましたが、仕方なく鑑定してもらうことに(^o^)

先生には、これから就職する仕事の内容や人間関係のことまでアドバイスしてもらって、「次の仕事はもう決まってるから安心していいよ」ということでした。半信半疑で帰ってきましたが、ほどなく仕事が決まって、職場の環境も、今は見事に先生の言う通りの展開になっています。このままではうちのカミさんに、ますます頭が上がらなくなりそうです(^。^) 《M・Sさん   40代男性》